COMTEC BeTime A-11

リモコンエンジンスタータ&ターボタイマーCOMTEC BeTime A-11について

特徴(取説より)

  • 誤動作防止のダブルスイッチ方式を採用{{br}}リモコンの操作スイッチを2回押すことにより電波が送信されますので、ポケットやかばんの中からの誤送信や、うっかりスイッチを押してしまった時のエンジン始動を防止します。
  • 安心の特定省電力タイプ{{br}}本機は、RCR標準規格テレコントロール用無線設備適合証明を取得していますので、安心してご使用していただけます。
  • アイドリング時間の変更ができます{{br}}使用条件にあわせて、リモコンでエンジンを始動した時のアイドリング時間を10分・20分・30分・40分に設定できます。{{br}}(工場出荷時は、10分に設定されています。)
  • エンジンの再始動を行うリトライ機能{{br}}リモコンでエンジンが始動しなかった場合、3回まで始動を試みます。
  • 3つの時間を選択できるターボタイマー機能{{br}}走行条件に合わせ、OFF・30秒・1分・5分の時間を設定できます。{{br}}(工場集荷時は、OFFに設定されています)
  • バッテリーにやさしいスリープ機能{{br}}10日間、車側のアクセサリー(ACC)電源が入らなかった場合、メインユニットの受信部・制御部の電源をカットすると共に、CPU(マイコン)も低消費電力モードになるためバッテリーの消耗を抑えます。{{br}}※スリープ機能の解除方法はイグニッションキーをONの位置にしてください。
  • 万一に備えた安全設計
    • IDコードによる誤作動防止機能{{br}}本機は個々に違うIDコードが登録されていますので、他のリモコンや他の電波による誤動作を防止します。{{br}}※リモコンを紛失された場合は、新しいリモコン(別売)のIDコードを再登録できます。
    • シフトポジション検出機能{{br}}本機作動時のアイドリング中、ATシフトレバーをパーキング'P'(もしくはニュートラル'N')から他のポジションへ移動した場合、エンジンが停止します。
    • フットブレーキストップ機能{{br}}本機作動時のアイドリング中、フットブレーキを踏むとエンジンが停止します。
    • ボンネットセンサー検出機能(オプション設定){{br}}別売りのボンネットセンサー(Be-960)を配線することにより、リモコンでエンジン始動中ボンネットを開けるとエンジンが停止します。

スペック

送信機(リモコン)

  • 送信基準    : RCR標準規格テレコントロール用無線設備適合
  • 送信周波数   : 426MHz帯 10波のうち1波
  • 識別IDコード : 1000万種
  • 送信出力    : 1mW
  • 電波形式    : F1D
  • 呼出名称    : 送信時に自動送出
  • 周波数安定度  : ±4ppm以内
  • 周波数偏位   : ±2.5KHz以内
  • 送信時間    : 3秒以内
  • 送信休止時間  : 2秒以上
  • 送信アンテナ  : 内臓ロッドアンテナ
  • 動作温度範囲  : -20℃~+60℃
  • 使用電池    : リチウム電池 CR2016×2
  • ケース寸法   : 31(W)×62(H)×15.5(D)mm
  • 重量      : 30g(電池含む)

受信機(メインユニット)

  • 受信周波数   : 426MHz帯 10波のうち1波
  • 受信感度    : -116dBm以下で安定動作
  • 局発安定度   : ±4ppm以内
  • 動作温度範囲  : -20℃~+70℃
  • 電源電圧    : 12V車専用(DC8~16V)
  • 消費電流    : 待機時5mA以下(平均)
  • リレー容量・個数 : 40A×2(IG1・IG2) 25A×4(ACC・ST1・ST2・ST CONT)
  • ケース寸法   : 128(W)×29(H)×61(D)mm
  • 重量      : 270g(コネクター・コード含む)

アンテナユニット

  • 受信アンテナ  : 1/4λホイップアンテナ
  • コードの長さ  : 4.5m
  • 寸法
    • ベース部    : 55(Φ)×16(H)mm
    • アンテナ部   : 8(Φ)×183(H)mm
  • 重量      : 45g(コード含まず)

資料

説明書

{{ref BeTime A-11取扱説明書.pdf}}

  • 最終更新:2018-08-28 11:24:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード